スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

涙の日本一。

全日本フィギュア

女子シングルで浅田真央が優勝しました
国内大会のため国際記録にはならいが211.76点でのぶっちぎり優勝です
2位は安藤美姫、3位は中野友加里、4位は村主章枝

この大会は来年3月に東京で開催される世界選手権の
代表選考も兼ねているため女子は上位3人
男子は1位の高橋大輔と2位の織田信成
アイスダンスは渡辺心、木戸章之組が世界選手権のキップを手にしました
渡辺、木戸組は4連覇を達成しました

今大会、女子は浅田真央が期待通りの活躍でした
演技終了後、珍しく涙ぐむシーンもありました
昨シーズンとは違い、体格の変化や立場の違いやプログラムの難易度を上げたりと
今シーズンは何かとプレッシャーがあったと思います
そんな中でも代名詞とも言えるトリプルアクセルをしっかり決めて
初の日本一に輝きました

安藤美姫はショートの後半のスピンで肩を痛めフリーでも影響し
優勝はできませんでしたが2位というのは立派な成績だと思います

前回優勝の村主は転倒はしなかったもののジャンプが上手くいかなかったですね
6度目の優勝、そして世界選手権へのキップも手にいれられませんでした
しかし恩田美栄らと共に4大陸選手権へ出場が決まりました
スポンサーサイト
 

トラックバック

http://granazul2.blog24.fc2.com/tb.php/148-200bf03e

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。