スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

どうした日本。

フィギュアスケート グランプリファイナル
シングルでは日本人男女5人が出場し優勝の期待が高かったのですが
女子は浅田真央が2位、村主章枝が4位、安藤美姫が5位
男子は高橋大輔が2位、織田信成が3位

ショートプログラムでは浅田が1位で安藤が2位の好スタートでしたが
フリーでは2人とも得意のジャンプが決まらず得点をのばす事ができませんでした
昨シーズンに比べて今シーズンのGPシリーズでは
安定した演技をしていた安藤には今大会期待していたのですが
体調不良のようで残念な結果になってしまいました
トリノ五輪の時のようにこのまま調子が下降せずに
全日本選手権では安定した演技に期待したいです

そんな中、大きなミスも無く安定した演技をして優勝したのは
韓国のキム・ヨナ
16歳とは思えないほどの表現力や安定感
間違い無く2010年バンクーバー五輪の優勝候補の1人です
スポンサーサイト
 

トラックバック

http://granazul2.blog24.fc2.com/tb.php/144-6d0dcb73

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。