スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

バルサショー。

TOYOTAクラブワールドカップ2006 準決勝

第1戦目 アルアハリ vs インテルナシオナル
結果は2-1でインテルナシオナルの勝利
予想に反してかなり厳しい試合でした
インテルナシオナルの出来がよくなかったように思えました
やはり調整不足ですかね

第2戦目 クラブアメリカ vs バルセロナ
結果は4-0でバルサの勝利
圧倒的な攻撃力でクラブアメリカに何もさせませんでした
エトー、メッシ、サビオラが怪我で出場できず
コンディションの問題などでバルサは苦戦するのかと思いましたが
やっぱり強いんですねぇ 本当に強い
特にロナウジーニョはキレキレとまではいかなくとも
結構余裕な感じで楽しんでいましたね

クラブアメリカはロナウジーニョを徹底的に潰しにくるのかと思ってましたが
ディフェンスラインは下げてゴール前は固めていたものの
わりと自由にボールを持たせてましたね
やはりバルサの攻撃を凌ぐにはロナウジーニョかデコを潰して
流れるようなワンタッチプレーをさせないようにすること
いくらゴール前を固めていても簡単に崩されてしまう
まぁ1人潰したところで個人技でどうにでもできる選手ばかりですけどね

先制点を決めたグジョンセンやザンブロッタは連携がとれてきましたね
シーズン開幕当初はうまく噛み合ってない感じでした
後はザンブロッタがもっと攻撃に絡んできてくれればOK

さて決勝はバルセロナvsインテルナシオナル
準決勝の内容を見る限りではバルサが有利かなとも思いますが
南米のクラブはタイトルを本気で取にきてますから
簡単な試合にはならないでしょう
スポンサーサイト
 

トラックバック

http://granazul2.blog24.fc2.com/tb.php/141-26bb2110

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。