スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

初アウェー。

AAFCアジアカップ2007予選
サウジアラビア戦(3日)とイエメン戦(6日)の
日本代表メンバーが発表されました

GK
23・川口能活(磐田)   43・山岸範宏(浦和)
44・西川周作(大分)

DF
14・三都主アレサンドロ(浦和) 20・坪井慶介(浦和)
45・田中マルクス闘莉王(浦和) 21・加地亮(G大阪)
31・駒野友一(広島)

MF
30・阿部勇樹(千葉)       51・羽生直剛(千葉)
4・遠藤保仁(G大阪)      52・二川孝広(G大阪)
55・鈴木啓太(浦和)       35・長谷部誠(浦和)
56・山瀬功治(横浜FM)     58・田中隼磨(横浜FM)
59・小林大悟(大宮)      50・中村直志(名古屋)
71・伊野波雅彦(FC東京)    72・梅崎司(大分)

FW
36・巻誠一郎(千葉)      37・佐藤寿人(広島)
38・田中達也(浦和)      65・我那覇和樹(川崎)

今回も海外組は招集されませんでした
今はとにかく国内の気になる若手を使いたいんでしょう

さて、稲本(ウェスト・ブロムウィッチ)はガラタサライへの移籍が
決定的なようです 
移籍するとは思っていたけどガラタサライは予想外です
できればプレミアで頑張ってもらいたかったけど
2部のクラブで出場機会が無いとなると
1部に移籍は厳しいですよねぇ
まぁトルコリーグとはいえガラタサライは名門ですから
ヨーロッパでの注目度は高いはず
日本でもジーコ率いるフェネルバフチェとの対戦は注目されるでしょう
頑張ってもらいたいです
スポンサーサイト
 
 

移籍終了間際。

小笠原がメッシーナへ期限付き移籍決定
背番号は16

小笠原は活躍できるんでしょうか?
メッシーナは今年の補強はすでに予定どうり済んでいて
小笠原獲得は放映権などの資金面での移籍との噂があります
噂はさておき
得意のトップ下での出場は厳しいんじゃないかなぁ
セリエAのトップ下はパサーではなく
得点を取る選手でないと使ってもらえない
小笠原はゲームメイクだけでなく得点力もあるし
何とかなるかも まぁそう簡単にはいかないだろうけど…

最近の移籍情報を少々
ファン・ボメルがバイエルンへ移籍
バラックの後釜として期待されています
ホアキンがバレンシア移籍
などなど
今回の移籍シーズンは大型移籍が多かったですね
やはりユヴェントス狩りが原因でしょう
特にレアル、チェルシーは毎年のことですが
今回も大型補強に成功しました
カカ獲得に失敗したレアルはジダンの穴をどう埋めるのか
カペッロはレアルを復活させることができるのか

残りの時間を考えると大物移籍はもうないと思うんですけど
ただ噂では、ついにテベスがヨーロッパデビュー
しかも移籍先はローマ
ローマは資金面が厳しくここ数年は大型補強ができずにいた
そんなクラブに嫌気がさしてかトッティが出るだのどうだのと
よく噂にはなってますが
まぁ、期間を考えてもテベス獲得はたんなる噂で終わりそうです
 
 

速さで勝負。

世界バスケついに開幕
日本で初めての開催です

初戦、日本はドイツと対戦
残念ながら70-81で負けはしたものの大健闘とだと思う

ノビツキーはやはり凄かった
でも序盤は調子良かったものの
後半はタッチが悪かったです
それは日本の守備が良かったってことですよね
攻撃も悪くなかったし、五十嵐圭も存在感ありました

ドイツは高さ、強さ、そして上手さがある
日本には速さがある
速さを活かした速攻でいい攻撃ができてました
あとは3Pの成功率を上げる
そうすればどの国が相手だろうといい試合ができると思います
な~んて偉そうなこと言ってますが
自分は中学の時に部活で少しやってた程度の素人同然
それでも日本代表を応援します
残りの試合に期待です


アメリカ代表について
ここ数年、NBAは国際化が進んでいる
ノビツキーだったり姚明だったり
世界各国にNBAのトッププレイヤーがいる
アメリカ代表は若手中心ながらもちゃんと大物が揃っています
ただ個人的にはメンバーに物足りなさを感じてます
それは最近NBAをあまり見てないからなんですけどね
せめてアイバーソンが入っててほしかったなぁ…
 
 

守る相手をどう崩すのか。

アジアカップ最終予選 イエメン戦
テーマは
「守りを固める相手に対してどう崩すのか」

今までの日本は守りを固めた相手に
なかなか得点することができず
格下相手に苦戦することが多かった

今回もやはり前半はシュートは多かったものの
決定的な攻撃はできず、相手のペースに合わせてしまう
悪い癖がでてしまった

後半になり日本はDF駒野からMF羽生に代えて
中盤に人を増やしたことで少しはボールが動くようになったが
崩すことはできない

後半25分、コーナーキックから阿部のヘディングが決まる
そしてロスタイム、途中出場の佐藤寿人が追加点
なんとか2-0で勝ちました
 
 

4年後を見据えて。

16日に行われるアジアカップ予選
イエメン戦のメンバーが発表されました

GK
川口能活(磐田)   山岸範宏(浦和)

DF
三都主アレサンドロ(浦和) 坪井慶介(浦和)
田中マルクス闘莉王(浦和) 加地亮(G大阪)
駒野友一(広島)

MF
中村直志(名古屋)   羽生直剛(千葉)
阿部勇樹(千葉)   佐藤勇人(千葉)
遠藤保仁(G大阪)   鈴木啓太(浦和)
長谷部誠(浦和)   山瀬功治(横浜FM)
田中隼磨(横浜FM)  小林大悟(大宮)

FW
巻誠一郎(千葉)   我那覇和樹(川崎)
佐藤寿人(広島)   田中達也(浦和)
坂田大輔(横浜FM)

小野や小笠原は選ばれませんでした
とりあえず若手でGOってな感じなんですかね

他の国の代表も世代交代が始まってます
イングランド代表からベッカムが外れたり 驚きではないけど
イタリアはW杯優勝メンバーをほぼ総入替えしたり

4年後を見据えて若手を使っておかなくちゃいけませんからね

でも今後はきっと日本もベテラン勢が呼ばれるでしょう
やっぱり若手とベテランの融合は大事ですからね
 
 

初陣。

オシムジャパン初陣
相手はトリニダード・トバゴ

日本のフォーメーションは4-4-2
スタメンはほぼレッズ状態
チームが始動してまだ間も無いですからね

試合序盤は日本が自由に攻撃させてもらえて
先制のFK、そして追加点
三都主によって2点を奪うことができた

その後はT・トバゴが引きぎみになり
うまく攻撃ができず、だらだらと時間だけが過ぎてしまった
後半は何度か効果的な攻撃はできたんですが…
結局、2-0のまま試合終了

考える、走る、そしてシンプルに
オシムが理想とするサッカーにはまだまだなんでしょうが
初戦ですからこんなもんですかね


試合終了後に川淵会長留任の抗議デモが本当に行われたようですね
「川淵会長にレッドカードを!」そんなお誘いを受けましたが、
個人的には川淵会長にはもう少し頑張ってもらいたいと思っているので
デモには参加しませんでした
人各々思う事があると思いますが、各々の自由です
ただW杯大敗の責任をとるべきとの声がありますが
それはどうかなと思います
日本は自力出場はまだ2回しかないんです
韓国は7回出場していてGL突破は日韓大会のみ
これが現実、アジアはまだ世界との差があるんです
確かに日本は実力を出し切れていなかった
でも大舞台で実力を出せないのは
経験不足でもありそれが実力とも言える
だから誰かが責任をとる必要はないと思う。
 
 

追加招集。

トリニダード・トバゴ戦のメンバーが追加招集されます

DF栗原勇蔵(横浜M)
MF山瀬功治(横浜M)
MF中村直志(名古屋)
MF鈴木啓太(浦和)
FW坂田大輔(横浜M)

イエメン戦のメンバーはさらに追加され
入れ替えもあるとのこてです

やはり13人は厳しい、ってか相手にも失礼
もしくは協会からの圧力?
とにかくオシムの思いどうりにはいってないみたいですね
 
 

フレッシュJAPAN。

オシムジャパンの最初のメンバーが発表されました

GK
川口能活(磐田)
山岸範宏(浦和)

DF
三都主アレサンドロ(浦和)
坪井慶介(浦和)
田中マルクス闘莉王(浦和)
駒野友一(広島)

MF
田中隼磨(横浜FM)
今野泰幸(FC東京)
小林大悟(大宮)
長谷部誠(浦和)

FW
我那覇和樹(川崎)
佐藤寿人(広島)
田中達也(浦和)

9日のトリニダード・トバゴ戦はこの13人で戦います
16日のイエメン戦には全体で20人くらいにするみたいですが
まさか13人とはねぇ 驚きです
一時しのぎでは選びたくないんでしょうね
それに初選出の選手が5人、そして若い
4年後を考えるならやはり若手を使っていかなくちゃ

4年後には
アテネ五輪世代が中心になって
ドイツw杯組のベテランが助ける
そして北京五輪世代の若手が勢いをもたらす
そんなバランスのいいメンバーになってほしいです
 
 

判定勝ち。

WBA世界ライトフライ級王者決定戦
亀田興毅が判定勝ちでチャンピオンになりました

1Rにダウンを喫し、手数も相手の方が多かった
亀田も随所にいいパンチがあったものの
決定打にはならず
12R終了した時点で判定負けを予想した人は多かったと思う
しかし判定は2-1で亀田の勝利
何ともスッキリしない後味の悪い感じだが…

勝ちは勝ち どんな展開だろうと王者は王者

三階級制覇の道はまだ始まったばかり
 
 

400。

ついに出ました
イ・スンヨプの400号ホームラン
20代での400号達成は王さんとA・ロッド
そしてイ・スンヨプの3人だけ
凄い!驚きです

さらにこの試合ではサヨナラ2ランのオマケ付き
最近の勝てない巨人の中で結果を出し続け
まさに孤軍奮闘です

現時点でホームランは33本
このままいけば日本記録の55本
そして自身が持つアジア記録の56本を
超える可能性大です

紳士で真面目、カッコイイですねぇ
これぞヒーロー
来年はメジャー行きが噂されてますが
残ってもらいたい 巨人の4番として

残りのシーズン、スンちゃんの頑張りに触発されて
チームの調子も上がってくれるといいんですけど…
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。