スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

最高のベスト8。

W杯ドイツ大会 ベスト8が出揃いました

準々決勝の対戦カード

ドイツ    VS  アルゼンチン

イタリア   VS  ウクライナ

イングランド VS  ポルトガル

ブラジル   VS  フランス



どのカードもハズレなし!!
スポンサーサイト
 
 

縮まらない世界との差。

とうとうベスト16が出揃いました

グループA
1位ドイツ    2位エクアドル

グループB
1位イングランド 2位スウェーデン

グループC
1位アルゼンチン 2位オランダ

グループD
1位ポルトガル  2位メキシコ

グループE
1位イタリア   2位ガーナ

グループF
1位ブラジル   2位オーストラリア

グループG
1位スイス    2位フランス

グループH
1位スペイン   2位ウクライナ
 
 

GL敗退。

運命の試合 日本vsブラジル
結果は1-4でブラジルに完敗でした
これで日本はGL敗退
残念、悔しいです。

スタメンに巻と玉田の2トップ
サプライズというか少し不安も感じたが
なんと玉田の先制ゴール
その後ブラジルの攻撃を凌いでいたが
前半ロスタイム、
ロナウジーニョから逆サイドどのシシーニョへ
シシーニョがダイレクトで中央のロナウドへ
そして痛恨の同点ゴールをロナウドに奪われる
目の前の相手、ボールに集中するのに精一杯で
シシーニョの上がりにまったく気が着かない
今度はシシーニョに気を取られロナウドのマークを外してしまう
ボールウオッチャーってやつですね
完全に崩されました

後半、日本は攻めなければいけないのに
逆にブラジルに攻撃されてしまい
その分、DFラインが下げられてしまった
それでも攻撃しようとするがバランスが悪く
全てが中途半端でブラジルにボールを回されて
逆転ゴール、追加点、駄目押し弾
その後の日本はパワープレーもできず試合終了

 
 

ベテランと若手の融合。

日本はブラジルに2点差以上つけて勝ち
さらにはオーストラリアがクロアチアに負けるか
引き分けでないとGL突破は不可能
厳しい状況です。
出場停止の宮本の代わりに坪井でキャプテンは中澤
そして決定力不足のFW陣を入れ替え!? そんな噂です
ブラジルは消化試合になるので主力を温存させるようですが
サブメンバーも超一流の選手がいるし
アピールしようと全力で向かってくる
モチベーションの低い主力組よりも危険な相手だと思う
メンバーがどうあれ厳しいのは変わりません。

お隣の韓国は調子がいいですねぇ。羨ましいです。
アジア杯やW杯予選ではチームがまとまらなかったみたいですが
やっぱり本番は強いです
よく攻める よく走る 諦めない
この強さは本物です


 
 

痛恨のドロー。

日本vsクロアチア
0-0のドローでした

今日の試合は絶対に負けられない闘い
正直0-0のドローは予想どうりでした
もちろん願望は3-0くらいで勝ってもらいたかったんですが…

やっぱりクロアチアの守備は堅い
ってか試合作りが上手い
それでも何とか日本が踏ん張ってました
しかし前半はサントスと宮本の間を徹底的に狙われました
普通ならプルショとバビッチで左からの攻撃が多いんですが
この試合はプルショが右に流れて
スルナと共に右からの攻撃を仕掛けてきました
そこで取られたPK そして宮本は累積2枚目のイエロー

スルナのシュートを川口の神憑かりのセーブ
一命を取り留めました
しかし宮本はちょっと良くなかったですねぇ
オーストラリア戦もそうでしたけど
浮き足立ってました

前半の攻撃に関しては…まずまずでした
ヒデの惜しいミドルシュートなど積極的だったんですけど
やはりクロアチアの中央の守備は堅いんです
サイドに結構スペースがあったんですが
うまく使えなかったですね

 
 

真の後継者。

アルゼンチン本領発揮
セルビア・モンテネグロを相手に6-0の圧勝です
ヨーロッパ予選10試合で1失点の鉄壁な守備
予選とはメンバーが違うとはいえそんなセルビアから
6点も奪うなんて、かんぜんな格下扱いです

前半3点を奪い、後半に入って落ち着いてきたところで
ファンはマラドーナの真の後継者
メッシの登場を待つだけの状況でした
そして後半29分ついにメッシがW杯初出場
アルゼンチンのW杯最年少出場記録を更新
落ち着いていた試合展開もアルゼンチンペースに変わり
3分後にはメッシがクレスポのゴールをお膳立てのW杯初アシスト
そしてテベスのゴールがあり
最後の駄目押しはメッシのW杯初ゴール
16分間の出場で1ゴール1アシストの活躍
同点にした訳でもなく逆転ゴールを奪ったわけでもない
たった16分間でこの試合の主役になった
テベスの印象がほとんどないなぁ
さすがにブラジルと並んで優勝候補大本命です

同じく死のグループ オランダvsコートジボワール
2-1でオランダの勝利
この結果アルゼンチンとオランダのトーナメント進出決定
コートジボワールはトーナメントでも見たかったです
やっぱりグループが悪かった
アルゼンチン、オランダに後一歩だったんですけどねぇ

w杯が始まりまだ9日ですが
今のところ強豪国が順当に勝ってますね
我々日本人としては初戦に負けた事がショックですが…
波乱はなくこのままいくのでしょうか
波乱があった方が盛上がりますが
サッカーファンとしてはトーナメントで強豪vs強豪が見たい
もちろん日本のトーナメントでの試合を一番見たい
 
 

誤審発覚!?。

「日本戦での誤審を認める」
正直そんなことに興味はなかった
どうせ俊輔のゴールはキーパーチャージ
だからノーゴールってことなんだと思ったら
後半、相手ペナルティーエリアで駒野がケーヒルに倒されたシーン
そうだよ、すっかり忘れていたけど
思い起こせばあれは完璧なファウル
本当はPK、ケーヒルは2枚目のイエローで退場
その後ケーヒルに追加点を取られることはなかった
まぁ日本のゴールも主審が誤りだったと言ってるみたいだし
とはいえ終わった試合のことを言っても仕方ない

GLを突破するにはクロアチアに勝つ!

そのクロアチアはブラジルと対戦
1-0でブラジルの勝ち



 
 

シュートを打つ。

韓国はトーゴ相手に勝ちましたねぇ
しかも逆転勝ち
前大会もそうだったけど粘り強さは驚異的
何か複雑な心境です
次の大会のアジア枠を考えるとアジア勢には頑張ってもらいたい
けど心から応援する気にはなれない
正直言ってやっぱり悔しい

 
 

悲劇のスタート。

悲劇が起きてしまった。
日本代表の初戦 大事な大事なオーストラリア戦
初戦は絶対に勝ち点を取らないといけない
全く予想外な出来事ではないけど…
やっぱり甘くはないんです

前半はあまりうまくはいっていなかったものの
俊輔のラッキーなゴールで先制
悪いなかでも得点チャンスはあった
ヒデが徹底的に潰されてました
中盤で潰されてしまい良いリズムにならなかった

リズムが悪いのにリードして後半にはいることで
このままいけるというよりか不安の方が大きかったです
しかし後半、日本のリズムが良くなる
オーストラリアはバテぎみ
194cmのケネディを投入してツインタワーのパワプレー
日本は高さ対策がうまくいっていた
効果的なカウンターもできていた
でも追加点が取れない
ヤナギと高原のコンビネーションが悪い
ゴール前でのお互いのタイミングが合わない
ってか強引にシュート打ってほしかった
相手の高さがあるとはいえクロスの制度も悪かった
やっぱり得点取れないとダメだぁ

川口の好セーブで失点せずにいたが
途中出場のケーヒル、アロイジのフレッシュな選手にやられてしまった
逆転されて日本は大黒投入で全体を前がかりにしたものの
逆にカウンターをくらい追加点をとられてしまう
結局1-3の逆転負け

 
 

優勝候補。

ドイツW杯2日目
イングランドvsパラグアイ
優勝候補のイングランド
ルーニーを怪我で欠いているものの
手堅く1-0で勝利
クラウチを中心とした攻撃
個人的には放り込みサッカーって好きじゃないです。
なんかワンパターンですよねぇ
せっかく中盤にタレントが揃ってるんだから
パスで繋いだり、何かやりようがあると思うんだけど…
しかしランパード、ジェラードのミドルシュートは強烈です
それと相変わらず守備は安定してます
やっぱり優勝候補
優勝候補筆頭はもちろんブラジル
それとブラジルに引けをとらないタレント揃いのアルゼンチン
そして地元のドイツ
この4ヵ国以外にもフランスやイタリア、オランダにスペイン
充分に優勝の可能性あります
そんなこと言ったら全ての国に可能性はあるんですけど…

優勝候補大本命のブラジル
優勝するにはアドリアーノの出来次第だと自分は思います
ロナウジーニョ、カカは陶然マークが厳しい
ロナウドの出来次第でもあるけど
アドリアーノが爆発しないと連覇は厳しいと思う
インテルでのアドリアーノは好不調の波が激しい
でも練習試合を見るかぎり状態は良さそう
このままの調子でいけばブラジルの連覇は確実…かな
魔法のカルテットがつぶされても
控えにはロビーニョ
世界一のフリーキッカーと言っても過言ではないジュニーニョもいる
やっぱり優勝大本命です。

個人的にはメキシコ、スウェーデンはダークホース
 
 

ドイツ大会 開幕。

ついにワールドカップドイツ大会が開幕しました。

セレモニーでは歴代の優勝国とスーパースターが勢揃い
ペレやブラジルOBはセレモニーそっちのけで
写真撮影に夢中になってるし。

でもって開幕戦 ドイツvsコスタリカ
ホスト国のドイツは負けるわけにはいかない
プレッシャーのかかる試合

まずはラームのゴールで始り
ワンチョペの同点ゴール
クローゼの勝ち越しゴール
前半20分のうちに3点という激しい試合
クローゼのゴール以降は試合も落ち着いた

後半またもやクローゼのゴール
これで決まりと思った矢先
ワンチョペのゴールで1点差
波乱の予感も漂うなか
フリンクスの豪快ミドルシュートで試合を決めました。

フリンクスのミドルも凄かったけど
やっぱりクローゼ。本当に良い場所にいますよねぇ
特に身長が高いわけでもなく
スピーやドリブル、テクニックが特に優れてるわけでもない
でも得点するんです。なんたって決定力が凄い!
相手DFの身長が高くても競り勝てる打点の高さ
まさに点取り屋 センターフォワードです。

そしてドイツのDFはやはり不安が残りました
それでも勝ち上がると思います
前大会も期待せれてないのに準優勝だったし
ゲルマン魂ってやつです。
 
 

マルタ。

最後のテストマッチ マルタ戦

開始早々玉田のゴール
良いスタートをきったのだが
疲れのせいなのか細かいミスが多かった

相手が守備的なこともあり攻め倦ねていた感もある
日本のペースではなく相手のペースに合わせた試合をしてしまった
悪い癖です。これよくありますよね
いかに自分たちのサッカーをするか
難しいことです

試合は1-0で勝ったものの
不安の残る試合
本当は弾みをつけたかった試合

本番まで一週間
しっかり休んで疲れを取り
オーストラリア戦に備えてほしいです。
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。