スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

ドイツ戦。

サッカー日本代表 親善試合 ドイツ戦
2-2のドロー

勝ってほしかったけど…
まぁ、2-0のまま勝ってここで満足してしまうよりも
課題が出て正直良かったと思う。

前半からヒデがガンガン前へ、その分俊輔が下がる
バランスはとれてたと思うけどリズムは良くなかった
そんな中でもヒデの惜しいシュートもありました
でもって加地がシュバインシュタイガーに削られて負傷、駒野と交代
さらにはヤナギがユニホームを破られる始末
駒野も破れてたなぁ
通気性や発汗性に優れてるかもしれないが耐久性に問題あるんじゃない?


スポンサーサイト
 
 

移籍話。

今日はサッカー移籍話
アンリがアーセナルと4年契約に合意
バルサ移籍が濃厚といわれてましたが
CLで優勝できなかった事が大きいでしょうね
となるとベンゲル監督も日本代表監督就任は無しかな…

そんなアーセナルはドルトムントからロシツキーを獲得
もしかしたらロシツキーではなくヒデだったかもしれない
リストには入っていたらしいが思ったような活躍ができなかった
ボルトンに完全移籍かそれとも噂のチャールトンやフルハムなのか
話がまとまるのはきっとW杯後

余談ですが日本代表選手が着ているスーツは「ダンヒル」
ネクタイやベルト、その他諸々を含めると85万円だそうです
w杯で1勝したら1人100万円のボーナス
1次リーグ突破すれば500万円だそうです。

不正疑惑のユヴェントス
移籍マーケットでも眼を付けられてるようです
イブラヒモビッチやトレゼゲの移籍の噂がたえないようです
もし降格することになれば主力選手は移籍するでしょうね
 
 

退場劇。

チャンピオンズリーグ 決勝
FCバルセロナ vs アーセナルFC

凄い試合でした。
立ち上がりはアーセナルがかなりいい感じでした
アンリもかなりキレキレでした
そんな矢先、レーマンまさかの一発退場!!
しかし先制点を奪ったのはアーセナル。
アンリの正確なクロスをキャンベルが頭で押し込み先制。後は守りきるのみ。

後半からイニエスタ、ラーション、ベレッチを投入したバルサ
それが見事に的中
ラーションのソフトタッチなパスからエトーが同点弾 オフサイドっぽいけど…
そしてラーションからベレッチへ、そのまま切れ込み逆転弾
ベレッチ投入は大正解でしたね。
アンリとリュングベリのカンターはかなり効果的だったけど
ベレッチ投入によりリュングベリが完璧に下げられてしまいましたからね。

鉄壁のアーセナルもレーマン無しでは、ってか10人じゃ守れません。
アーセナル優勝予想は見事にハズレました。
でも素晴らしい試合をありがとうって感じです。

さぁ来シーズン、アンリはアーセナル?バルサ?
 
 

背番号決定。

サッカー日本代表の背番号が決まりました。

GK  1 楢崎   12 土肥 
  23 川口 

DF  2 田中    3 駒野    
   5 宮本    6 中田浩     
  14 三都主  19 坪井
  21 加地   22 中澤    
      
MF  4 遠藤    7 中田英
   8 小笠原  10 中村     
  15 福西   17 稲本     
  18 小野     
       
FW  9 高原   11 巻
  13 柳沢   16 大黒
  20 玉田

高原は普段32だから11になるかなぁと予想したが
巻が11に。ジーコ期待のあらわれかな。
稲本が6番になるかなぁとも思ったけど17番に。
あとは特に変わりなく。
ウィニングイレブンファンのみなさん
背番号、メンバー登録をちゃんとしましょう♪

この後、チャンピオンズリーグ決勝
バルセロナ vs アーセナル
楽しみだぁ!!
 
 

ビッグトレード。

そう言えば、
高原がフランクフルトへ移籍
そしてバッラックがチェルシーへ移籍
ビッグニュースなんだけど
今はW杯メンバー選出の話題でそれどこじゃないっすね。

シェフチェンコ、ミラン退団が決定的らしい
噂ではチャルシーらしい…
でもってクレスポがミランへ
そんなビッグトレードな噂
シェフチェンコが抜けたらミランは厳しいよなぁ
仮にクレスポが入っても、ジラルディーノ、インザーギ
典型的なセンターフォワード3枚だからなぁ
カカ中心のチームになるんでしょう。

インザーギと言えば見事イタリア代表に返り咲きましたね
得点王のトーニやトッティ、デルピエロ、ジラルディーノ、
ピルロ、ガットゥーゾ、デロッシ、ネスタ、ブッフォン…
妥当な選出ですね
今かなり問題になっているユヴェントス
優勝したけど降格なんてことも
w杯メンバー選出にも影響するのかとも思ったけど
それはなかったですね。
 
 

決定!23人の侍。

W杯ドイツ大会 日本代表23人がついに発表されました。

GK
川口 能活 (ジュビロ磐田)
土肥 洋一 (FC東京)
楢崎 正剛 (名古屋グランパスエイト)

DF
宮本 恒靖 (ガンバ大阪)
中澤 佑二 (横浜F・マリノス)
田中  誠 (ジュビロ磐田)
坪井 慶介 (浦和レッズ)
加地  亮 (ガンバ大阪)
三都主アレサンドロ (浦和レッズ)
駒野 友一 (サンフレッチェ広島)
中田 浩二 (FCバーゼル)

MF
中田 英寿 (ボルトン)
中村 俊輔 (セルティック)
小野 伸二 (浦和レッズ)
小笠原満男 (鹿島アントラーズ)
稲本 潤一 (ウェスト・ブロムウィッチ)
福西 崇史 (ジュビロ磐田)
遠藤 保仁 (ガンバ大阪)

FW
高原 直泰 (フランクフルト)
柳沢  敦 (鹿島アントラーズ)
大黒 将志 (グルノーブル)
玉田 圭司 (名古屋グランパスエイト)
巻 誠一郎 (ジェフ千葉)


 
 

サプライズあり!?

サッカー キリンカップ スコットランド戦
ドイツW杯メンバーへの最後のアピールの場

残念ながら0-0のドローでした
ブルガリア戦よりはパスワークができていた
というか守備的な相手に攻め倦んで
ボールを持たされていた感がある。

クロスも上げられるキープもできる
しかし決定的に崩すことができない
ガチガチな中を崩すためにはヒラメキが必要
ってヒデがよく言うが、まさにそう
小野がいい動きしていたが…
やっぱりヒデ、俊輔がいないとなりたたない
今回はいないんだからそんな事言ってもしょうがないけど…

 
 

記録ストップ。

ヤンキース松井秀喜が左手首骨折
1768試合で連続試合出場がストップしてしまいました。

衣笠祥雄の2130試合連続出場を超えるのは間違い無いと思っていた
そしてリプケンの2632試合連続出場も超えてくれのではと思っていた…
ちなみにリプケンのもう一つの記録903試合連続フルイニング出場
それを超えた阪神の金本は凄い。

話を松井に戻して
いや~ 実に残念です。
今シーズンは松井にとって大事なシーズン
大型契約を結び、WBCを辞退してまで挑んだシーズンなのに…
記録以上に当分プレーが見れないのが残念です。
 
 

選出。

W杯メンバーが各国で発表され始めました
アメリカ代表やエクアドル代表、
スウェーデン代表は
イブラヒモヴィッチ、ラーション、リュングベリなどなど
日本と同じF組のオーストラリア代表は
キューウェル、ビドゥカ、エマートン、ブレッシアーノなどなど

そしてイングランド代表
テリー、ファーディナンド、キャンベル
J・コール、ランパード、ジェラード、ベッカムなどなど
FWはクラウチ、ルーニー、オーウェン、ウォル
右足甲骨折で出場が危ぶまれているルーニーも選ばれました
今回は例年にも増して優勝の可能性が高いと評判なだけに
ルーニーの怪我が完治しないようであれば、
イングランドにとってかなりの痛手
そしてアーセナルの17歳ウォルコット
まだ公式戦デビューしていないというのに驚きです。


ボルトンが中田英を完全移籍での獲得を目指す意向を表明
一時は高額な移籍金などもあり否定的とも言われていたけど
リーグ終盤でのプレーを見て変わったんですかねぇ
ただヒデ本人は他のクラブへの移籍を望んでるとの噂も
チャールトンからのオファーもあるらしいし
まだまだW杯が終わるまでは去就は決まりそうにないです
 
 

ブルガリア。

キリンカップサッカー ブルガリア戦
1-2で日本は負けてしまいました。

今日のブルガリア戦、13日のスコットランド戦
国内組にとって最後のアピールの場
今日はアピールできたんですかねぇ

前半はシュート数こそあったものの
決定的な場面はつくれなかった
日本の持ち味はパスワーク
今日はそれが見られなかった
というか無理につなげようとして
パスカットされることが多かった
もっとドリブルで仕掛けてほしかったなぁ…

後半、小野が入ったことで起点ができリズムがよくなった
ただそれでも決定的な場面は少なかった

守備はあたふたというかもっと集中でしょ
サイド攻撃を得意としてる相手には
3バックでは対応しきれないってのが改めてわかった

玉田はゴール決めたかったでしょうねぇ
スコットランド戦では出場機会があるかわからないけど
玉田同様、当落戦場にいる選手はラストチャンス

スコットランド戦はメンバーをがらっと変えると当初は思っていたけど
今日負けたことで堅いメンバーになりそうな気もする…
 
 

ラストアピール。

キリンカップサッカー2006 
9日ブルガリア戦、13日スコットランド戦
メンバー23人が発表されました。

GK:川口 楢崎 土肥

DF:宮本 中澤 田中誠 坪井 茂庭
   加地 三都主 駒野
 村井

MF:小野 小笠原 福西 遠藤、阿部、
   長谷部、本山

FW:久保 玉田 巻 佐藤

国内組にとっては最後のアピールの場
きっと積極的なプレーを見せてくれるでしょう。
面白い試合になりそうです。

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。