スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

涙の日本一。

全日本フィギュア

女子シングルで浅田真央が優勝しました
国内大会のため国際記録にはならいが211.76点でのぶっちぎり優勝です
2位は安藤美姫、3位は中野友加里、4位は村主章枝

この大会は来年3月に東京で開催される世界選手権の
代表選考も兼ねているため女子は上位3人
男子は1位の高橋大輔と2位の織田信成
アイスダンスは渡辺心、木戸章之組が世界選手権のキップを手にしました
渡辺、木戸組は4連覇を達成しました

今大会、女子は浅田真央が期待通りの活躍でした
演技終了後、珍しく涙ぐむシーンもありました
昨シーズンとは違い、体格の変化や立場の違いやプログラムの難易度を上げたりと
今シーズンは何かとプレッシャーがあったと思います
そんな中でも代名詞とも言えるトリプルアクセルをしっかり決めて
初の日本一に輝きました

安藤美姫はショートの後半のスピンで肩を痛めフリーでも影響し
優勝はできませんでしたが2位というのは立派な成績だと思います

前回優勝の村主は転倒はしなかったもののジャンプが上手くいかなかったですね
6度目の優勝、そして世界選手権へのキップも手にいれられませんでした
しかし恩田美栄らと共に4大陸選手権へ出場が決まりました
スポンサーサイト
 
 

ALL FOR 2010!。

サッカー日本代表の新スローガンが発表されました
「ALL FOR 2010!」
W杯南アフリカ大会に向けて一丸となって進もうという意味みたいです

アジア杯は若手を起用するようです
三連覇がかかっていますが
大会はW杯のための通過点ということなんでしょう
正直、三連覇してもらいたし海外組のプレーも見てみたい
何よりもコンフェデレーションズカップに出場してほしいんです
まぁ前大会も国内組が中心で優勝できたし、何とかなるかも
でも俊輔の活躍が大きかったよなぁ… もちろん川口の好セーブ連発も

そんなアジア杯の1次リーグの組合わせと日程が決定しました
第1戦 カタール  9日
第2戦 UAE    13日
第3戦 ベトナム  16日

移籍話
宮本恒靖、三都主アレサンドロがオーストリア1部リーグのザルツブルクに移籍
二人揃って同じクラブに移籍するとは驚きです
 
 

完全決着。

WBAライトフライ級タイトルマッチ
亀田興毅 vs フアン・ランダエタ
結果は3-0で亀田の判定勝ちで初防衛に成功しました

豪快なKO勝利とはいかなかったが前回の微妙な判定勝ちとは違い
今回は終始亀田ペース、足を使い相手のペースを乱し
チャンピオンらしく圧倒的な闘い方
完璧な試合運びでの勝利でした

ただ相変わらず試合までが長い
弟の大毅の試合が1R37秒での秒殺KO勝利だっただけに
特に長く感じました
TBSのスポーツ(特に格闘技)って勿体振り過ぎの気がする
まぁ他の局もメインは勿体振るけどTBSは余計なことが多過ぎ
試合だけ見たい人にはうっとうしいです
大毅の歌もフルコーラスはいらない気が…
 
 

モチベーションの差。

TOYOTAクラブワールドカップ2006 決勝戦
インテルナシオナル VS バルセロナ
結果は1-0でインテルナシオナルが勝ちました
これで2年連続で南米代表が優勝です

間違い無く厳しい試合になるのはわかっていました
というか残念なことに予想通りの展開になってしまいました
「ロナウジーニョが潰され、バルサの攻撃のリズムがつくれず
カウンターをくらって先制され、守りきられてバルサの負け」

クラブアメリカ戦のバルサの戦い方を考えると
決勝も余裕で勝てるのではと思いたくなる感じでしたが
やはりそんなに甘くないですよね
こういう展開こそエトーやメッシの存在が重要になってくるんですよね
リズムがつくれなくても個人技で打開できますからね
だからこそデコのミドルシュートに期待していたんですが…
おしいシュートはあったんですけどね

リヴァプール、バルサと2年連続で欧州代表は敗退しました
前大会のTOYOTA杯でも南米の方がけっこう勝ってましたよね
やはりモチベージョンの差ですかねぇ
今後はどうなるのでしょうか
必死で南米に立ち向かうのか、それともますますモチベーションが低くなるのか
3度目となる次回は大事な大会となるはずです

今大会の最終順位
1位インテルナシオナル
2位バルセロナ
3位アルアハリ
4位クラブアメリカ
5位全北現代
6位オークランドシティ
 
 

どうした日本。

フィギュアスケート グランプリファイナル
シングルでは日本人男女5人が出場し優勝の期待が高かったのですが
女子は浅田真央が2位、村主章枝が4位、安藤美姫が5位
男子は高橋大輔が2位、織田信成が3位

ショートプログラムでは浅田が1位で安藤が2位の好スタートでしたが
フリーでは2人とも得意のジャンプが決まらず得点をのばす事ができませんでした
昨シーズンに比べて今シーズンのGPシリーズでは
安定した演技をしていた安藤には今大会期待していたのですが
体調不良のようで残念な結果になってしまいました
トリノ五輪の時のようにこのまま調子が下降せずに
全日本選手権では安定した演技に期待したいです

そんな中、大きなミスも無く安定した演技をして優勝したのは
韓国のキム・ヨナ
16歳とは思えないほどの表現力や安定感
間違い無く2010年バンクーバー五輪の優勝候補の1人です
 
 

ハズレなし。

UEFAチャンピオンズリーグ
決勝トーナメント1回戦の組み合わせが決まりました

FCポルト vs チェルシー

セルティック vs ACミラン

PSV vs アーセナル

リール vs マンチェスター・ユナイテッド

ローマ vs リヨン

バルセロナ vs リヴァプール

レアル・マドリード vs バイエルン・ミュンヘン

インテル vs バレンシア

注目はやっぱりレアルvsバイエルンとバルサvsリヴァプール
インテルvsバレンシアも見逃せない
というかハズレのカードはないですねぇ
俊輔はACミランとの久々の対戦になります
本人も楽しみにしているのではないでしょうか
レッジーナでくすぶっていた頃と違い進化した俊輔を
見せることができるのか

2007年2月20日が待ち遠しいです
 
 

レ軍の松坂。

ついに松坂大輔とレッドソックスとの入団交渉が成立しました
背番号は西武時代と同じ18
6年61億円というルーキーとしては異例の契約内容です
こうなると松坂は活躍するしかないですね
平凡な成績ではファンは納得してくれないでしょう
プレッシャーも大きいかもしれませんが
平成の怪物・松坂ならきっとやってくれるはずです
まぁ交渉決裂かとも言われていましたが無事に成立して良かったですね

岩村もデビルレイズとの交渉がまとまりそうですね
契約は3年10億6千万になるもようです
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。